戻る

Item Explanation

函館を訪れていた内気な高校生・麦野カヤトは世界の時が止まるという現象に見舞われる。動けるのは彼と地元の不良少女・井熊あきらだけ。時を動かす手がかりを求める2人は、麦野の死んだ叔父の家がある東京を目指すことに…。【「TRC MARC」の商品解説】

世界の時間が止まるとき、二人の旅が始まる

麦野カヤトは、高校の修学旅行で北海道の函館を訪れていた。
内気で友達のいない彼にとって、クラスメイトたちとの旅行は苦痛でしかない。
それでも周りに合わせてグループ行動を続けていた、そのとき。

世界の時が止まった。

まるで神様が停止ボタンを押したみたいに、通行人も、車も、鳥も、自分以外のあらゆるものが静止した。
喧騒が消え、静寂だけが支配する街のなか、
動ける人間は麦野カヤトただ一人……かと思いきや、もう一人いた。
地元の不良少女・井熊あきら。

「あんま舐めたこと言ってたらぶっ殺すかんな」

口調も性格もキツい彼女は、麦野とは正反対のタイプ。
とはいえ、この状況では自分たち以外に動ける者がいない。やがて二人は行動を共にする。

「琥珀の世界」ーー数日前に死んだ麦野の叔父が、そう呟いていたことを麦野は思い出す。
叔父の言葉は、世界の時が止まったことに関係しているかもしれない。
そう思い立った二人は、時を動かす手がかりを求めて、叔父の家がある東京を目指す。

時が止まった世界のなか、二人きりの旅が始まった。



【編集担当からのおすすめ情報】
『夏へのトンネル、さよならの出口』『きのうの春で、君を待つ』に続く、
八目迷×くっかのコンビで贈る<時と四季シリーズ>第三弾。
【商品解説】