戻る

Item Explanation

日露戦争開戦の年、満洲から日本に戻った一高生・安積亮を待ち受けていたのは、戦勝祈願に沸く民衆とは異質の存在といえる内村鑑三・大杉栄らの知識人だった。幼なじみの森谷翠と祝言をあげた安積であったが、時代の大きな波濤が二人の運命を翻弄する。好太王碑文の調査を契機に古代史研究に勤しむ安積は、夢の中でいにしえの重要人物とまみえるが……。【商品解説】