戻る

Item Explanation

有名な「牡丹灯篭」を含む江戸初期仮名草子の名作。原話は中国・朝鮮の怪奇短編小説だが,みごとに日本化され翻案臭をまったく感じさせない。寛文6年(1666)刊本を全挿絵とともに翻刻。第2巻は,巻九から巻十三まで。解説・出典と総索引を付す。※本の仕様(サイズなど)は、丸善ジュンク堂書店オリジナルPOD復刊用です。【本の内容】