"Buyee" Japanese Proxy Service | Buy from Japan!
Buyee

永遠の闘魂 アントニオ猪木最後の日々と激闘62年の秘史

Price
1,760 yen (US$14.17)
Item Condition
New Item
Product number
32084327
JAN
9784866365985
Desired Quantity
[Desired Quantity] is required. There is a problem with the information entered.

The item cannot ship to the selected country.

You are unable to buy this item because the item is sold out.

Please select an available item and click "Add to shopping cart".

Inventory information
Inventory status
unpurchasable countries
There maybe descriptions or images that are not reflected in Buyee's item page as we kindly suggest you check out the original item page for further information.

Item Explanation

[ Translate ]

病床の本音、好敵手たちの残光、名勝負の記憶…。稀代のプロレスラーは最後に何を語り、何を伝えたかったのか。晩年の猪木を取材してきた著者が、激闘62年の秘史とともに、闘魂最後の日々を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

猪木は最後に何を語り、何を伝えたかったのか? 

知られざる逸話で綴る「燃える闘魂」の真実! 

 

病床の本音、好敵手たちの残光、名勝負の記憶…… 

稀代のプロレスラーは人生の「ファイナルカウントダウン」に何を残そうとしたのか?  

晩年の猪木を取材してきた著者が、その生の声から闘魂最後の日々を描く! 

 

『元気ですか?』と聞いたけど、反応がなかった」(主治医) 

「アントンをどんどん、表に出してあげて」(田鶴子夫人) 

「あの試合に、プロレスのすべてが詰まってる」(棚橋弘至) 

「彼は……強いですよ!」(モハメッド・アリ) 

「月に1、2回、夫妻で食事をしてましたね」(藤波辰爾) 

「恩義が昇華されて、愛に変わっていきました」(猪木) 

 

本人と関係者の証言で綴る、燃える闘魂ファイナル! 

 

2022年10月1日、長い闘病生活の果てに遂に旅立っていった「燃える闘魂」アントニオ猪木。 

病と闘う姿を臆することなくメディアにさらしてきた最後の数年間は、この稀代のプロレスラーにとって極限まで燃え尽きるまでの伝説的なピリオドだった。 

いったい猪木は何を考え、伝えようとしていたのか? 

晩年の猪木を取材してきた『アントニオ猪木』(新潮新書)、『さよなら、プロレス』(standards)の著者が、本人や関係者の証言から最後の数年の生の姿を描き出す、渾身のプロレス・ノンフィクション。 

 
【商品解説】