"Buyee" Japanese Proxy Service | Buy from Japan!
Buyee

台湾の南向政策・新南向政策

Price
5,280 yen (US$38.18)
Item Condition
New Item
Product number
31810614
JAN
9784863592605
Desired Quantity
[Desired Quantity] is required. There is a problem with the information entered.

The item cannot ship to the selected country.

You are unable to buy this item because the item is sold out.

Please select an available item and click "Add to shopping cart".

Inventory information
Inventory status
unpurchasable countries
There maybe descriptions or images that are not reflected in Buyee's item page as we kindly suggest you check out the original item page for further information.

Item Explanation

[ Translate ]

台湾の南向政策の歴史と、新南向政策における台湾とベトナム、インドネシア、オーストラリア、ニュージーランドとの多方面の交流と協力を明らかにする。また、こうした南向政策に日本がどのように関わるかも検討する。【「TRC MARC」の商品解説】

1960年代から台湾は輸出を産業政策の柱とし成長を遂げてきた。1980年代に入りアセアンとの経済協力関係を活発化し、工業化への大きな推進力とした。1990年代に入り、研究開発投資により技術的格差の拡大を図り先進国と向き合った。台湾と他国の産業上の関係は「雁行形態」型経済発展モデルすなわち日本が先導役で経済発展の先頭に立ちそれからアジアNIESがその後を追い、アセアン諸国や中国が続いて経済発展に加わる。台湾の南港政策、新南向政策におけるASEAN諸国の協力には先進工業国の経済力が大きく関わり、大型経済協力プロジェクトが行われている。また中小規模プロジェクトの経済協力を新南向政策を通して行い、そこに先進工業国と発展途上国の間の補完的関係、協力と提携、今後の発展の余地が大きくあると見られている。これらを踏まえ、本書では、「雁行形態論」の基本理論とグローバルバリューチェーン(GVC)の形成と背景及びそのメリット、デメリットに触れ、南向政策、新南向政策におけるいくつかの国との経済・貿易から人材・教育・文化、農業、観光、医療、科学技術など多方面の交流と協力を考察する。【商品解説】