"Buyee" 日本の通販商品・オークションの入札サポート・購入サポートサービス
Buyee

ストーリー・マンガとはなにか 手塚治虫と戦後マンガの「物語」

価格
2,860円 (22.00USドル)
商品の状態
新品
製品番号
31177450
JAN
9784791774166
希望個数
「希望個数」は必須入力です。 入力内容に誤りがあります。

この商品は販売できる国が限られています。
販売不可国一覧を見る

商品を配送する国を選んでください。

選択された国への配送はできません。

こちらの商品は品切れです。

在庫のある商品を選択して、「カートにいれる」ボタンを押してください。

在庫情報
在庫の有無
販売不可国
Iran
Iraq
表示されていない画像や情報がある可能性がありますので、詳細は元のサイトでご確認ください。

アイテム説明

[ 翻訳する ]

初期作品において手塚治虫が試みたものはなんだったのか。赤本、雑誌、貸本といったメディア環境の変化や、戦前・戦中期の児童文化のありようを丹念にたどり、キャラクターが生と死を演じるストーリー・マンガの誕生に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

なぜ耳男は死ななければならなかったのか
『地底国の怪人』『メトロポリス』『38度線上の怪物』『罪と罰』――戦後ほどなく発表された初期作品において手塚治虫が試みたものはなんだったのか。赤本、雑誌、貸本といったメディア環境の変化や、戦前・戦中期の児童文化のありようを丹念にたどり、キャラクターが生と死を演じる「物語」を描くストーリー・マンガの誕生に迫る。気鋭が挑むマンガ研究のハード・プロブレム。【商品解説】