戻る

Item Explanation

平井悠一さん - 陶工房つばめの、飯碗について 口が広めに制作された、落ち着いた雰囲気の飯椀です。見た目よりもとても軽く、とても使いやすいです。シンプルな佇まいでもあるので、飽きずに長くご使用できます。 手触りや質感について 土感は感じますが、ツルツルとした滑らかな手触りです。縁の部分はややざらつきがあります。底は滑りづらいよう、ざらつきがあります。 色について 一見白色に見えますが、よくよく近くで見てみると、灰色が混ざっているようにも見えますし、クリーム色のようにも見えます。とても深みのある色合いです。縁や底の部分は赤茶色。 形について 口が広めに制作されているので、ある程度量は多めに入ります。柔らかさはありますが、そこまで丸みがある形ではなくスッとした印象です。